メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

進学校の城東が四国大会初出場で初勝利 考える野球が浸透

四国大会初出場で勝利を挙げ、ガッツポーズをする城東の高木太陽投手(右)=徳島県阿南市のJAアグリあなんスタジアムで2019年10月26日、藤田健志撮影

[PR]

高校野球秋季四国大会 ▽1回戦 ○城東6―4大手前高松●=26日、徳島・JAアグリあなんスタジアム

7回1失点で完投した明徳義塾の新地智也投手=徳島県阿南市のJAアグリあなんスタジアムで2019年10月26日、藤田健志撮影

 高校野球の秋季四国大会は26日、徳島県阿南市のJAアグリあなんスタジアムなどで開幕し、1回戦4試合があった。城東(徳島)は大手前高松(香川)との接戦を制し、2回戦に進出した。

 2点リードの九回2死満塁。大手前高松の5番打者を中飛に打ち取ると、城東の1年生投手・高木太陽はガッツポーズを決めた。「当たりが良くてヒットかなと思ったが、うれしかった」。チームは四国大会初出場で初勝利を挙げた。

 三回2死二、三塁で、3番・森本夢叶(2年)が先制の右前2点適時打。五回は4番・山口純平(1年)の中越え2点二塁打などで3点を追加。いずれも持ち味である足技を絡めた攻撃で得点を奪い、五回に左手小指に死球を受けながらも150球を投じた高木の粘投を生み出していた。

 徳島県内有数の進学校で、OGには作家の瀬戸内寂聴さんも。野球部の昨年の3年生は11人中8人が国公立大に進学したという。平日の練習時間は2~3時間のため、鎌田啓幸監督は「野球をやっているだけでは駄目。野球研究部にならないといけない」と語る。練習試合でも背番号をつけ競争意識を植え付け、投手の癖を盗む積極的盗塁など短い練習時間で工夫し、特徴を生み出してきた。

 「生徒たちが実力以上のものを出している。できすぎです」と喜ぶ鎌田監督。選手は2年生5人、1年生13人の計18人だが、考える野球が浸透している。【藤田健志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです