メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出雲西、石飛が劇的サヨナラ打 元プロ野中監督就任でチームはレベルアップ

【豊浦-出雲西】延長十回裏、出雲西・石飛智洋の左越えサヨナラ二塁打で生還する天野陽太=鳥取・どらドラパーク米子市民で2019年10月26日、新井隆一撮影

[PR]

高校野球秋季中国大会 ▽1回戦 ○出雲西(島根)5―4豊浦(山口)●=26日・どらドラパーク米子市民

 高校野球の秋季中国大会第2日は26日、鳥取・どらドラパーク米子市民などで1回戦4試合があり、出雲西と矢上(いずれも島根)、創志学園と倉敷商(いずれも岡山)が準々決勝に進んだ。

 元プロ野球の野中徹博監督率いる出雲西が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。決勝打を放った3番・石飛智洋(2年)は「みんながつないでくれたので集中して打席に入れた」と満足顔だった。

 4―4の延長十回、8番・天野陽太(1年)の左前打を足掛かりにつかんだ2死一、二塁の好機。スライダーを流し打つと、ひと伸びした打球は左越え適時二塁打となった。「ストライクゾーンは全部振っていこうと思っていた。積極的にいけた」と声を弾ませた。

 愛知・中京高(現中京大中京高)のエースとして甲子園に出場し、プロでヤクルトなどに在籍した野中監督が昨年12月に就任。石飛は打撃に加え、捕手としても「アウトコースばかりだと打たれる」と内角攻めの重要性などを教わったという。チームも着実にレベルアップし、今秋は島根大会で3位に食い込み、中国大会に駒を進めた。

 九回に4点差を追いつかれて嫌な流れだったが、最後に勝ちきった。野中監督は「(石飛は)県大会でチャンスで打てなかったので、これから調子を上げてほしい」と期待を寄せた。【新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです