メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 健大高崎が決勝進出 桐生第一は惜敗 両監督、主将の話 /群馬

[PR]

接戦2試合生きた 健大高崎・青柳博文監督

 投手の下が粘り強く投げてくれた。接戦だったこれまでの2試合が生きた。

練習の成果出た 健大高崎・戸丸秦吾主将

 打線がつながり練習の成果が出た。次戦も一球一球を大切にしていきたい。

勝負弱さが出た 桐生第一・今泉壮介監督

 粘ったが最後に勝負弱さが出た。今後やらなければならないことはたくさんある。

課題は集中力 桐生第一・広瀬智也主将

 流れをつかみづらい試合だった。点を取った後の集中力が今後の課題だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです