メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大相模決勝逃す 健大高崎に逆転負け /神奈川

【東海大相模-健大高崎】一回表東海大相模1死二塁、山村が右方向へ適時打を放ち先制

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は第4日の26日、前橋市の上毛新聞敷島球場で準決勝2試合が行われた。県勢の東海大相模(神奈川1位)は健大高崎(群馬3位)に敗れ、決勝進出はならなかった。このほか、山梨学院(山梨1位)が決勝に進出した。決勝は27日午前10時から同球場で行われる。【妹尾直道、池田直】

 ▽準決勝

 <上毛新聞敷島球場>

東海大相模

  100010000=2

  00005120×=8

健大高崎

初回先制実らず

 健大高崎は2点を追う五回、4連続安打を放ち、守備の乱れも絡んで5得点して逆転。六回と七回にも点を加えて勝利した。東海大相模は一回、山村の適時打で先制し、五回にも1点加えたが、攻撃が続かなかった。


 ■白球譜

「チームの支えに」成長誓う 諸隈惟大(いっと)投手 東海大相模(2年)

東海大相模・諸隈惟大(いっと)投手(2年)

 6点差まで突き放された七回、2死二塁の場面。エースに声がかかった。準々決勝での投球は不満が残る内容だっただけに、気持ちが高ぶる。「絶対打たれない」と意気込んでボールを握ると、ストライクゾーンへと強気に投げ込んだ。最後は決め球のスライダーで三振に仕留め、大声を張り上げて逆境のチームを鼓舞した。

 強みはコントロールの利いた投球だ。今夏の県大会から活躍し、甲子園も経験した。ただ、今回の大会では制球が定まらなかった。準々決勝の習志野戦は二回に4四球で逆転のピンチを招き、途中交代した。「先のことを考えすぎた」。目の前にいる打者に集中できなかった。完投できない悔しさが募った。

 この日の準決勝では七回の登板以降、打者4人に対し3奪三振。一人のランナーも出さない気迫のピッチングを見せたものの、チームの決勝進出はかなわなかった。「もっと自覚が必要だった」と語り、気持ちの弱さを痛感したという。「長いイニングを安定して投げ、チームを支えられるようになりたい」。秋から「1番」を背負う左腕は、さらなる成長を誓った。【池田直】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです