メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 1回戦 加藤学園、逆転勝ち 静岡商はコールド負け /静岡

【加藤学園-大垣西】四回表加藤学園1死二塁、相手の失策から杉本敏が生還=岐阜県大垣市北公園野球場で

[PR]

【静岡商-津商】五回表静岡商2死二、三塁、小西の2点適時打で代走の織田が生還=岐阜県大垣市北公園野球場で

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が26日、岐阜市の長良川球場と岐阜県大垣市の同市北公園野球場で開幕し、1回戦4試合があった。県勢は加藤学園(静岡2位)が大垣西(岐阜3位)に6―1で逆転勝ちした一方で、静岡商(静岡3位)は津商(三重2位)に2―11でコールド負けした。

 27日は両球場で2回戦4試合があり、加藤学園は近大高専(三重1位)と、シード校の藤枝明誠(静岡1位)は豊川(愛知3位)と対戦する。【池田由莉矢】

肥沼1失点完投

 加藤学園は1点を追う三回、1死二、三塁から勝又と雨宮の連続適時打で逆転。六回には1死一、三塁から平尾、杉山の1、2番コンビが続けて適時打を放ち、3点を奪って突き放した。先発の肥沼は1失点で完投した。大垣西は初回に先制したが、その後は5安打に抑えられ、三塁まで走者を進められなかった。

四回崩れ10失点

 静岡商は先発の高田が三回まで津商を1安打に抑えたが、四回に崩れて計10安打を浴び、10点を失った。直後の五回に塚本理の安打などで2死二、三塁の好機を作り、小西の適時打で2点を返したが、その後は打線がつながらなかった。津商は計12安打で11点を奪う猛攻を見せ、静岡商に付け入る隙(すき)を与えなかった。

夏に向け変化球を

先発した静岡商の高田投手

 ○…静岡商のエース・高田琢登投手は四回に津商の打者一巡の猛攻を浴びて降板した。打者はいずれもホームベース近くで構えていたといい、強気で内角を攻められなかった。

 最速148キロの力強い直球を武器に、秋季県大会の4試合では計39個の三振を奪った。試合後、高田晋松監督は「制球は悪くなかったが、相手の流れを断ち切れなかった。これほどの失点は初めて」と驚いた様子。對馬(つしま)勇斗捕手は「球が軽かった。投げ込みが不足していたのかもしれない」と厳しく分析した。

 高田投手は「得意の直球とスライダーだけで内角を攻めるのは厳しかった。スプリットなどの変化球を身につけたい。夏に向けてしっかり投げ込み、走って下半身を鍛える」と唇をかんだ。

 <大垣市北公園野球場>

 ▽1回戦

加藤学園

002103000=6

100000000=1

大垣西

 (加)肥沼―雨宮

 (大)大石、日比野、長岡―今西

▽二塁打 杉本敏、平尾(加)

 ▽同

静岡商

  000 0200=2

  0001001×=11

津商

 (七回コールド)

 (静)高田、塚本礼―對馬

 (津)出口―清水

▽二塁打 杉山(静)清水、西川、中島(津)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです