メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 智弁和歌山、猛追及ばず 智弁学園に13-17 4強入り逃す /和歌山

【智弁和歌山ー智弁学園】六回表智弁和歌山2死二、三塁で徳丸が3点本塁打を放つ=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、砂押健太撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催)は26日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合と準々決勝1試合が行われた。

 1回戦では、京都翔英(京都)が和歌山南陵に、履正社(大阪)が綾羽(滋賀)にそれぞれ快勝。準々決勝では、智弁学園(奈良)が智弁和歌山を降して4強に一番乗りした。

 27日は同スタジアムで準々決勝の残り3試合が行われる。対戦カードは次の通り。

 午前9時半、大阪桐蔭(大阪)―明石商(兵庫)▽正午、奈良大付(奈良)―天理(奈良)▽午後2時半、京都翔英(京都)―履正社(大阪)【小宅洋介】

 ▽準々決勝

智弁和歌山

  003014302=13

  60030503×=17

智弁学園

 智弁学園は一回、山下の左越え3点本塁打などで6点を先取。六回は西村の二塁打などで5点を奪い、リードを広げた。智弁和歌山は六回の徳丸の3点本塁打など11安打で追い上げたが、残塁も多く、届かなかった。

和歌山南陵が初戦敗退京都翔英に2―6終盤反撃絶たれ

【京都翔英-和歌山南陵】先発した和歌山南陵の浜新之介投手(2年)=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、砂押健太撮影

 ▽1回戦

京都翔英

  000110211=6

  000020000=2

和歌山南陵

 京都翔英は同点で迎えた七回、住野、西岡のヒットに相手ミスを絡めて2点を奪いリード。八、九回にも加点した。和歌山南陵は五回、浜の三塁打の後、上野が本塁打を放ち、一度は追い付いたが、及ばなかった。

綾羽

  0004000=4

  030055×=13

履正社

 (七回コールド)

 (綾)早津、中山―西山

 (履)岩崎、辰己―関本

▽本塁打 岩崎(履)

▽三塁打 小深田(履)

▽二塁打 池田(履)

 履正社は1点を追う五回、大西の適時打で同点に追い付き、岩崎の満塁本塁打で突き放した。綾羽は四回、伊藤、浅井、高山の安打に四死球と敵失を絡めて4点を挙げ、3点差をひっくり返したが、最後は力尽きた。

智弁和歌山の平田晃将選手=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、砂押健太撮影

悔しさ糧に春目指す 智弁和歌山・平田晃将選手(2年)

 新チームになってスタメンに名を連ね、クリーンアップの一角をまかされている。この日も3打数2安打3打点と、好機にしっかりと仕事を果たし、チームに貢献した。

 初回にいきなり6点を奪われ、チームの気持ちが切れかけた。しかし、三回に自らのバットで反撃のきっかけとなる左前適時二塁打を放ち、チームの息を吹き返させた。六回にはインコースの直球が来ると読んで左越え適時二塁打。後ろの4番徳丸天晴選手の3点本塁打につなげた。

 打ち合いとなった試合で活躍したが、試合後に口を突いたのは四回2死満塁で凡退したことへの反省の弁だった。「自分のサードへのファウルフライが勝敗を分けた」。悔しさを胸に、「春に向けてレベルアップしたい」と誓った。【砂押健太】

和歌山南陵の上野一輝選手(2年)=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、砂押健太撮影

チャンスに強い打者に 和歌山南陵・上野一輝選手(2年)

 2点を追う五回、前を打つ浜新之介投手が、三塁打で出塁した。「踏ん張っているピッチャー自身が作ってくれたチャンス。逃さずに必ず還してやる」と強い気持ちで打席に入った。「どんな球でも来た球に対応する」。変化球をはじき返した瞬間「入った」と実感した。公式戦初本塁打は、試合を振り出しに戻す貴重な一撃となった。

 県大会を含めてこれまで「チャンスに打ち損じが多かった」と振り返る。反省から速球をバットの芯でとらえる練習を繰り返しており、まだ取り組みの途中だという。

 この日の試合では結果を出したものの、「三振も多く課題の打ち損じもあった」と自分の打撃には満足していない。「チャンスに強いバッターになりたい」。自分に言い聞かせるように春以降の活躍を誓い、球場を後にした。【砂押健太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです