メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 新田快勝、小松は敗退 きょう準々決勝、済美が登場 /愛媛

【川島-新田】六回裏新田2死一、三塁、松永の二塁打で2人生還=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、松山文音撮影

[PR]

 第72回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は26日、徳島県のオロナミンC球場(鳴門市撫養町立岩)とJAアグリあなんスタジアム(阿南市桑野町)で1回戦4試合があり、8強が出そろった。岡豊(高知2位)は英明(香川3位)に、新田(愛媛3位)は川島(徳島2位)に勝利した。明徳義塾(高知3位)は小松(愛媛2位)をコールドで降し、城東(徳島3位)は大手前高松(香川2位)に競り勝った。27日の準々決勝では、各県の1位校が登場する。【岩本桜、松山文音】

 ▽1回戦

【オロナミンC球場】

川島(徳島)

  000000000=0

  02110200×=6

新田(愛媛)

 (川)岩本、小川―中川

 (新)渡部―古和田

▽二塁打 鳥谷部、渡部、松永(新)

 新田が小刻みに加点し快勝。二回2死二、三塁、渡部の右前打で2点先制。その後も松永の二塁打などで着実に点差を広げた。川島は10安打を放つも相手の堅守に阻まれ、なかなか好機を作れなかった。

英明(香川)

  100000000=1

  05000000×=5

岡豊(高知)

 (英)石河―豊島

 (岡)田中―山本塁

▽二塁打 浜垣(英)田中、宮崎、樋口(岡)

【小松-明徳義塾】五回表小松1死一、三塁、福島(左)が犠飛を放ち同点に追いつく=徳島県阿南市桑野町のJAアグリあなんスタジアムで、岩本桜撮影

 【JAアグリあなんスタジアム】

小松(愛媛)

  0000100=1

  000152×=8

明徳義塾(高知)

 (七回コールド)

 (小)武田、越智―近田

 (明)新地―鈴木

▽三塁打 新沢(明)

▽二塁打 内山(小)鈴木、元屋敷、今釘(明)

 明徳義塾が中盤以降突き放した。四回、元屋敷の左中間二塁打で先制すると、五回には新沢の中越え三塁打など打者9人で5点を加えた。小松は五回に追いつくも、その後は抑えられ、投手陣も10四死球と乱れた。

城東(徳島)

  002030001=6

  000001030=4

大手前高松(香川)

 (城)高木―福井

 (大)内田―清家

▽二塁打 山口(城)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです