メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健大高崎が初優勝、群馬県勢40年ぶり 秋季高校野球関東大会

秋季高校野球関東大会で初優勝し、笑顔を見せる健大高崎の選手たち=前橋市の上毛新聞敷島球場で2019年10月27日午前11時36分、岩壁峻撮影

[PR]

 高校野球の秋季関東大会最終日は27日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝が行われ、健大高崎(群馬3位)が山梨学院(山梨1位)を3―0で破り、初優勝した。群馬県勢の優勝は1979年の東農大二以来40年ぶり。山梨学院は26年ぶり2回目の優勝はならなかった。

 健大高崎は全国10地区の秋季大会優勝校が争う明治神宮野球大会(11月15日開幕、東京・神宮球場)に関東代表として出場する。

「粘り強く戦ってくれた」

 健大高崎・青柳博文監督 (勝因は)先発した橋本拳汰に尽きる。これで(計算できる)投手は主戦の下慎之介と合わせ、二枚そろった。今大会、選手たちは粘り強く戦ってくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです