メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

中京大中京コールド勝ち 名電と豊川は惜敗 /愛知

【津商-中京大中京】一回裏中京大中京1死二塁、中山が右前打を放って先制=岐阜県大垣市の市北公園野球場で

[PR]

【愛工大名電-県岐阜商】七回表愛工大名電2死二、三塁、代打・勝野の中前2点適時打で二塁から生還しベンチ前で笑顔を見せる小野=岐阜市の長良川球場で
【藤枝明誠-豊川】一回裏豊川2死二塁、4番・米庄が右越え2点本塁打を放ち、ガッツポーズをしながらダイヤモンドを回る。左は藤枝明誠の投手・大石=岐阜市の長良川球場で

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、岐阜県内の2球場で2回戦4試合が行われた。県勢は、中京大中京(愛知1位)が津商(三重2位)にコールド勝ちし、愛工大名電(愛知2位)と豊川(愛知3位)は接戦の末に惜敗した。中京大中京は、11月2日に岐阜市の長良川球場で行われる準決勝に進み、藤枝明誠(静岡1位)と対戦する。【三浦研吾、池田由莉矢】

被安打1の好投

 <大垣市北公園野球場>

 ▽2回戦

津商    0000000=0

中京大中京 150100×=7

 (七回コールド)

 (津)出口、大西、飯田―清水

 (中)高橋宏―印出

▽本塁打 西村(中)

▽二塁打 大西(津)印出(中)

 中京大中京は一回1死二塁、中山の右前打で西村が還って先制。二回にも中山の中前打と印出の二塁打で2点ずつ奪うなどし、四回に西村の本塁打で突き放した。先発の高橋宏が三回を除き3者凡退、被安打1無失点と好投。津商は三回に二塁打で得点機をうかがったが、仕留められた。

あと一打出ず

 <長良川球場>

 ▽2回戦

愛工大名電

  000000300=3

  02011010×=5

県岐阜商

 (愛)田村、寺嶋、平口、小野―二村

 (岐)野崎、森、佐々木―高木

▽二塁打 小野(愛)岩田、多和田(岐)

 愛工大名電は4点を追う七回、2死一、三塁から小野の左翼線への二塁打で1点返し、なお二、三塁で代打の勝野が2点適時打を放って追い上げたが、終盤であと一打が出なかった。県岐阜商は犠打や盗塁を絡めて小刻みに加点し、追う名電を突き放した。

12安打も及ばず

 <長良川球場>

 ▽2回戦

藤枝明誠

  013000002=6

  200000101=4

豊川

 (藤)大石、小林―伊藤

 (豊)米庄、白井梨―杉浦

▽本塁打 米庄(豊)

▽三塁打 岩屋(豊)

▽二塁打 増田、川瀬(藤)小林(豊)

 豊川は一回、米庄の2試合連続本塁打で2点先取。逆転された後、七回と九回に岩屋の適時打で1点ずつ返すも突き放され、相手より多い12安打も及ばなかった。藤枝明誠は、複数安打の回は全て得点し、接戦を制した。


 ■熱球譜

レベルアップへ決意 愛工大名電・田村俊介投手(1年)

愛工大名電・田村俊介投手(1年)

 試合終了の瞬間、次打者席で思わず苦笑いした。「レベルの高い打者が多かった」。悔しさをにじませた。

 1年生で最速140キロの左腕。打順は3番。今大会1回戦で本塁打を放つなど、投打の「二刀流」で活躍してきた。入学直後から登板し、練習試合で石川・星稜の奥川恭伸投手(3年)との投げ合いを制した。夏の大会も背番号1。「スーパー1年生」と言われたが、甲子園はまだ遠い。

 この日、4回3分の1で4失点の投球に、倉野光生監督は「もっと強気の投球ができる。本来の投球ではなかった」。本人も「145キロくらい出るようにし、変化球の質も上げたい」と課題を次々と挙げた。

 「まだ経験の時期。今後チームを背負う選手に育っていかないといけない」と倉野監督は期待を寄せる。「来夏の甲子園に向け、本当にレベルアップできるように頑張っていかないと」。苦笑いを、会心の笑顔に変える決意だ。【三浦研吾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  4. 保育園は休園?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです