メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 決勝 鳥取城北、反撃及ばず 倉敷商に敗れ準優勝 /鳥取

【鳥取城北-倉敷商】七回表鳥取城北1死一、三塁、吉田が右越え3点本塁打を放ち2点差に迫る=米子市のどらドラパーク米子市民球場で、野原寛史撮影

[PR]

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は最終日の3日決勝があり、米子市のどらドラパーク米子市民球場で鳥取城北(鳥取1位)と倉敷商(岡山2位)が対戦。倉敷商が三回に6点を挙げ、鳥取城北の反撃をしのいで9―7で逃げ切り、初優勝を決めた。倉敷商は15日に東京で開幕する明治神宮野球大会に中国地区代表で出場し、健大高崎(群馬)と対戦する。中国地区大会の成績は、来春に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれるセンバツの重要な選考資料になる。中・四国の出場枠は計5校。【野原寛史】

 ▽決勝

鳥取城北(鳥取)

  100003300=7

  10620000×=9

倉敷商(岡山)

 (倉敷商は初優勝)

 倉敷商は同点の三回、石川の適時三塁打や浅野の2点本塁打などで一挙6点を挙げ、四回にも福家の犠飛などで2点を追加して突き放した。鳥取城北は六、七回で計6加点の猛追も、その後の好機で一本が出なかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです