メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 天理が優勝 大阪桐蔭降す /京都

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催)は4日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝戦があった。天理(奈良3位)が大阪桐蔭(大阪1位)を12―4で降し、5年ぶり9回目の優勝を果たした。大会の成績は来春のセンバツ出場校を選出する際の重要な参考資料となる。

 天理は一回、3番・河村の左越え本塁打で2点を先取。六回には1番・下林の適時打や、2番・山元の左越え3点本塁打などで5点を挙げて突き放した。九回にも8番・田中輝の適時二塁打などで4点を追加した。

 大阪桐蔭は2点を追う一回、3番・西野の左越え本塁打で1点差としたが、リードを広げられた。7点を追う八回、西野の適時二塁打などで3点を返したが、及ばなかった。

 優勝した天理は、15日に明治神宮野球場(東京都)で開幕する明治神宮大会に近畿代表として出場。16日に東北代表の仙台育英と対戦する。【加藤佑輔、小宅洋介】

 ▽決勝

天理

  200005104=12

  100000030=4

大阪桐蔭

 (天)達、庭野―山元

 (大)藤江、関戸、竹中、松浦、申原―清水、坂

▽本塁打 河村、山元、瀬(天)西野(大)

▽二塁打 田中輝(天)船曳、西野(大)

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです