メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「1週間に500球以内」「3連戦回避」 高野連の有識者会議が答申案

甲子園球場=中村真一郎撮影

 日本高校野球連盟が設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長・中島隆信慶応大教授)の最終の第4回会合が5日、大阪市内で開かれ、答申案をまとめた。

 日本高野連と都道府県高野連の主催大会で投手が1週間に投げられる球数を500球以内とすることや、3連戦を回避する大会日程を設定することなどを盛り込んだ。来シーズンの開幕となる第92回選抜大会から実施し、3年間の試行期間は罰則は設けないとした。

 20日に正式な答申を日本高野連に提出し、日本高野連は29日の理事会で諮って対応を決める。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです