メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

球児ファースト

球数制限の再考/中 高松商・香川さん 体のケア、自分自身で /香川

センバツのマウンドに立つ高松商の香川卓摩さん=阪神甲子園球場で2019年3月23日、川平愛撮影

日程、試合形式検討を

 高校野球の球数制限の導入を、県内の強豪校の選手や監督はどう受け止めているのか。今年、春夏連続で甲子園に出場した高松商のエースとして活躍した香川卓摩さん(18)は卒業後、社会人野球の強豪JFE西日本に進むことが決まり、プロ入りを目指す。自身もけがに悩まされた香川さんは「球数制限もよいが、けがを防ぐためには自分自身が高い意識を持つべきだ」と語る。

 小柄な体格ながら最速140キロを超える直球が武器だった香川さんが痛めたのは、肩や肘ではなく腰だった…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです