メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠、推薦校に宮崎北 秋の県大会4強など評価 /宮崎

 宮崎、熊本、鹿児島の各県高校野球連盟は、来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の21世紀枠推薦校をそれぞれ発表した。宮崎は県立宮崎北(宮崎市)、熊本は県立球磨工(人吉市)、鹿児島は県立枕崎(枕崎市)に決まった。

     宮崎北は秋の宮崎大会で過去に何度も甲子園に出ている延岡学園や日南学園を破って4強。進学校で平日の練習時間が2時間に限られる中、創意工夫して練習しボランティア活動にも積極的に取り組む姿勢が評価された。

     球磨工は秋の熊本大会優勝の熊本国府に惜敗し16強に終わったが、今春の熊本大会は優勝し夏も8強。専用グラウンドがなく、資格取得のための課外授業などで練習時間も限られる中、毎年高い戦績を残している。

     枕崎は秋の九州地区大会で4強入りした鹿児島城西に鹿児島大会準決勝で敗れたものの、樟南など甲子園出場歴のある学校を破って県4強。進学校で学業と部活動を両立させながら毎年安定した戦績を残している。

     21世紀枠の選抜出場校は九州各県の推薦校から九州地区候補1校が選ばれ、来年1月24日の選考委員会で全国9地区の候補の中から3校が決定する。【塩月由香、栗栖由喜、林壮一郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト