メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝京8年ぶり決勝進出 創価にサヨナラ勝ち 秋季東京大会

高校野球秋季東京大会準決勝【創価-帝京】サヨナラ勝ちし、整列に向かう帝京の選手たち。左手前はしゃがみ込む創価の投手・森畑侑大=東京都新宿区の神宮球場で2019年11月9日午後0時6分、岩壁峻撮影

[PR]

 高校野球の秋季東京大会は9日、東京・神宮球場で準決勝があり、帝京が創価に3―2でサヨナラ勝ちし、8年ぶりに決勝に進んだ。第2試合は城東と国士舘が対戦する。

 決勝は10日、同球場で行われる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです