メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠推薦校 大分国際情報高を表彰 /大分

 来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の21世紀枠の県推薦校に選ばれた大分国際情報高(大分市新貝)で12日、表彰式があった。県高野連の木戸孝明会長が、徳永蒼一郎主将(2年)に表彰状を手渡した。

     木戸会長は「自前のグラウンドがない環境の中、創部5年目でめざましい活躍を見せた。自信と誇りを持ってほしい」と激励。毎日新聞大分支局の木下武支局長は「恵まれない環境の中で県予選でベスト4入りしたことは県民に勇気を与えた」と話した。

     長谷川清教頭は「選ばれたことにおごり高ぶることなく、謙虚さをもってがんばってほしい」と激励。徳永主将は「感謝の気持ちを忘れず、ひたむきに練習をがんばりたい」と意気込んだ。

     今後、各県の推薦校から九州地区候補の1校に絞られ、来年1月24日の選考委員会で全国9地区の候補から21世紀枠3校が決定する。【白川徹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト