メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝負強い主軸が打線けん引 中京大中京、投手陣は二枚看板 神宮大会

中京大中京の選手たち=岐阜市の長良川球場で2019年11月3日、兵藤公治撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会は15日、東京・神宮球場で開幕する。今秋の地区大会を制した10校が出場する高校の部は、優勝校の所属地区に、来春の第92回選抜高校野球大会の「神宮大会枠」が与えられる。例年以上に強打のチームが顔をそろえる中、秋の日本一に輝くのはどのチームか。

東海代表・中京大中京

 愛知1位として臨んだ東海大会は前評判通りの強さを発揮した。初戦の2回戦は津商(三重)に7―0で七回コールド勝ちし、準決勝も藤枝明誠(静岡)を12―5の八回コールドで降した。決勝は9―6で県岐阜商との打撃戦を制した。

 1番・西村友哉(2年)が打線をけん引する。打率6割3分6厘(11打数7安打)で7得点し、3試合いずれも一回にホームを踏んだ。3番・中山礼都(2年)、主将の4番・印出太一(2年)は勝負強い。特に中山は打率5割4分5厘(11打数6安打)、藤枝明誠戦の6打点を含む10打点と大活躍した。印出も全3試合で適時長短打を放ち、計5打点を挙げた。

 投手陣は最速148キロ右腕・高橋宏斗(2年)、147キロ左腕の松島元希(2年)の二枚看板を擁する。高橋は2回戦で1安打完封し、準決勝も完投。松島は決勝で先発し、5回2失点と試合を作った。

 11年ぶりに秋の東海大会を制した勢いに乗って、新チーム始動時に掲げた目標の「明治神宮大会制覇」に挑む。【鈴木英世】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです