メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠 金沢商に県推薦校表彰状 /石川

石川県高野連の大窪直二副会長から推薦の表彰状を受け取る屋敷雄太主将(左)=金沢市小立野5で、日向梓撮影

 来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の21世紀枠県推薦校に選ばれた金沢商(中本忠彦校長)に13日、県高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     部員はマネジャー4人を含め計29人。創部114年の古豪だが、グラウンドは他部と共用している。資格試験などで放課後や土日に全員がそろわないことも多いが、効率的な練習で成果を上げている。学校周辺の清掃や高齢世帯への除雪作業の協力も伝統だ。

     表彰式では大窪直二・県高野連副会長が「秋の県大会準決勝の星稜戦、北信越地区大会準々決勝の佐久長聖戦は、敗れたものの大変見事な戦いぶりだった。公立野球部の先頭に立って引っ張ってほしい」と激励。屋敷雄太主将(2年)は「甲子園出場はまだ決まっていないが、『このチームが選ばれて良かった』と思ってもらえるよう、チーム一丸で頑張る」と気を引き締めた。

     21世紀枠は北信越5県で1校に絞られ、来年1月24日の選考委員会で全国9地区の候補から出場校3校が決まる。【日向梓】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

    2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

    3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

    4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです