メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ休養日2日間 来春から準決勝翌日追加

 来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の臨時運営委員会(委員長=八田英二・日本高野連会長)が13日、大阪市西区の中沢佐伯記念野球会館で開かれ、この大会から準決勝翌日に休養日を新たに設けることを決めた。選手の健康管理のためで、従来の準々決勝翌日に設定されている日を含めて休養日は2日間になる。

     大会日程も決まり、来年3月19日から13日間(休養日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。一昨年の第89回大会と並んで最も早い開幕日となる。雨天などで2日順延した場合は準決勝後の休養日、3日順延した場合は準々決勝後の休養日をそれぞれなくす。

     出場校32校を決める選考委員会は同1月24日、組み合わせ抽選会は同3月13日、いずれも大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールである。

     日本高野連の設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長・中島隆信慶応大教授)が1大会で投手が1週間に投げられる球数を500球以内とするなどの答申案をまとめており、日本高野連は今月29日の理事会で答申への対応を決める。【安田光高】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト