メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝京監督を嘆かせた 国士舘・中西投手の武器は鋭く落ちるシンカー 神宮大会

国士舘の中西健登投手=東京都新宿区の神宮球場で2019年11月9日、安田光高撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会は15日、東京・神宮球場で開幕する。今秋の地区大会を制した10校が出場する高校の部は、優勝校の所属地区に、来春の第92回選抜高校野球大会の「神宮大会枠」が与えられる。秋の日本一に輝くのはどのチームか。勝負の鍵を握る選手を紹介する。

中西健登投手=国士舘2年・東京

 東京大会全6試合に登板し3完封を含む5完投。準決勝の城東戦、決勝の帝京戦と2日続けて2安打完封した。「大会前から『中西、中西、中西』で行くぞとは言っていたが……」と永田昌弘監督も想像以上のエース右腕の成長を喜んだ。

 直球は130キロ前後だが、鋭く落ちるシンカーが決勝で効果的だった。甲子園で春1回を含む3度優勝し、歴代4位タイの通算51勝の帝京・前田三夫監督を「あの球(シンカー)が打てなかったねえ」と嘆かせた。準決勝は、完投したものの4失点した準々決勝、修徳戦の反省を生かした。「変化球でストライクが取れていなかった」と、投げ込みで本来の精度を取り戻し、無四球完封につなげた。

 186センチの長身と長い手足を見込まれ、高校入学後に永田監督の勧めで投手に転向した。中学までは外野手で、「打つのは好き」と話す。東京大会は18打数7安打3打点とバットでも貢献した。昨年の明治神宮大会は札幌大谷(北海道)との2回戦で1―6の九回に登板し1回1失点(自責点はゼロ)。今度こそ投打で存在感を示す。【岩壁峻】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです