メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

角度ある直球は一級品 中京大中京の長身エース、高橋投手 神宮大会

力投する中京大中京の高橋宏斗投手=岐阜市の長良川球場で2019年11月3日、兵藤公治撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会は15日、東京・神宮球場で開幕する。今秋の地区大会を制した10校が出場する高校の部は、優勝校の所属地区に、来春の第92回選抜高校野球大会の「神宮大会枠」が与えられる。秋の日本一に輝くのはどのチームか。勝負の鍵を握る選手を紹介する。

高橋宏斗投手=中京大中京2年・東海

 182センチの長身から投げ込む、角度のある直球は一級品だ。最速は148キロを誇る。カットボールは制球されている上、大きく縦に変化するスライダーで空振りを奪える。大器の片りんを見せたのが、七回コールド勝ちした東海大会初戦、津商(三重)との2回戦だ。被安打はわずかに1、無四球完封をマークした。

 背番号1として東海大会全3試合に登板し、チームを11年ぶりの明治神宮大会に導いた。それでも本人は、課題が見つかったことを収穫に挙げる。準決勝の藤枝明誠(静岡)戦は8回8安打を浴びて5失点完投。救援した県岐阜商との決勝は、八回に3与死球に4長短打を許して4点を失い追いつかれた。「厳しい状況で弱気になるところがあった」とピンチの場面での心持ちを反省し、「今後につながる結果」と前向きにとらえている。

 全力で投げた際の球は素質の高さとすごみを感じさせる。体重79キロと細身で、心身ともに伸びしろは十分。最速150キロ超を目標に掲げるエース右腕が、自身初の全国の舞台となる神宮のマウンドに立つ。【鈴木英世】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです