メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスター打法で2本塁打 近畿で打率5割超の天理・山元捕手 神宮大会

天理の山元太陽捕手=佐藤薬品スタジアムで2019年10月27日、平川義之撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会は15日、東京・神宮球場で開幕する。今秋の地区大会を制した10校が出場する高校の部は、優勝校の所属地区に、来春の第92回選抜高校野球大会の「神宮大会枠」が与えられる。秋の日本一に輝くのはどのチームか。勝負の鍵を握る選手を紹介する。

山元太陽捕手=天理2年・近畿

 バスター打法で2本塁打を放ち、守備では相手に的を絞らせない好リード。攻守ともに変幻自在の選手だ。

 近畿大会1回戦の報徳学園(兵庫)戦で第2打席までの凡退を機に、今秋から取り組んできたバスター打法に切り替えたところ、七回に決勝の左越え2ランを放った。その後も「タイミングが合いやすい」と続け、大阪桐蔭との決勝でも六回に左越え3ラン。2番、7番、8番と試合ごとに打順が変わったが、打率5割2分6厘、6打点をマークした。

 捕手としてはエース右腕・庭野夢叶(2年)にスプリットを多投させ、相手打線にそれを意識させてから直球で差し込ませるなど巧みな配球。4試合で計9失点にとどめた。

 大阪府能勢町出身。中学時代の所属チームの先輩とバッテリーを組むために天理に進学。その思いは今夏の奈良大会でかなったが、準々決勝で敗退した。「先輩たちの分まで頑張りたい」。全国初舞台での活躍を誓う。【安田光高】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです