メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健大高崎が開幕戦飾る 倉敷商とのタイブレーク制す 山本満塁アーチ 神宮大会

【倉敷商-健大高崎】四回表健大高崎1死一塁、山本が先制の適時二塁打を放つ=神宮球場で2019年11月15日、玉城達郎撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会が15日、東京・神宮球場で開幕し、高校の部の1回戦2試合が行われ、2017年優勝の明徳義塾(四国・高知)は昨年準優勝の星稜(北信越・石川)を8―5で降した。初出場の健大高崎(関東・群馬)は延長十回タイブレークの末、41年ぶり出場の倉敷商(中国・岡山)を7―1で破った。

 健大高崎は、無死一、二塁から攻撃を始める延長十回タイブレークで、山本の左越え満塁本塁打などで6点を勝ち越した。

 健大高崎・青柳博文監督 私の采配ミスが多かったが、選手がカバーしてくれて感謝している。(10回1失点完投した)下はコントロールも良く上出来だった。

 倉敷商・梶山和洋監督 (11与四死球に)高いレベルの相手だと、ミスをすると駄目。併殺を取れる場面でも取り切れなかった。守り負けた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  4. 巨人の複数選手、新型コロナ感染が判明 2選手か 練習試合中止

  5. 漫画「鬼滅の刃」が完結

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです