メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松井秀喜さん以来27年ぶり対戦 明徳義塾が星稜に逆転勝ち

【明徳義塾-星稜】五回表明徳義塾1死一、三塁、左越え3点本塁打を放ち生還した鈴木(右)=神宮球場で2019年11月15日、玉城達郎撮影

 15日に開幕した第50回記念明治神宮野球大会1回戦に、四国地区代表として明徳義塾が登場。北信越地区代表の星稜と対戦し、8―5で勝利した。

 明徳義塾は四回、新沢の適時打などで逆転すると、続く五回には鈴木に3ランが飛び出した。終盤での2併殺など堅守も光った。星稜は明徳義塾と同数の11安打を放つも9残塁を喫し、巻き返しを図るも及ば…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです