メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠、三浦学苑を推薦校に 秋季県大会4強 県高野連 /神奈川

 県高野連は15日、来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の「21世紀枠」の推薦校を三浦学苑(横須賀市衣笠栄町、全校生徒1293人)に決めたと発表した。今後、各都道府県の推薦校から9地区で各1校ずつ候補を選出し、来年1月の選考委員会で出場校3校が選ばれる。

     三浦学苑野球部は1948(昭和23)年創部で、春夏とも甲子園の出場経験はない。2016年秋から3季連続で県大会16強入りするなど着実に力をつけ、今年の秋季県大会では55年ぶりにベスト4入りした。また、夏の神奈川大会では部員が球場補助員として貢献するなど、「社会とのつながりを意識した人間形成に努めている」と評価された。

     21世紀枠は大会の成績(秋季県大会32強以上)に加え、地域への貢献度やハンディの克服、学業との両立などを考慮して選ばれる。【池田直】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

    3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

    5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです