メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山一宮に表彰状 センバツ21世紀枠県推薦校選出で /岡山

表彰を受ける赤木隆校長と野球部の逸見佳宏主将(後列右から2人目)ら=岡山市北区楢津の岡山一宮高校で

 来春の第92回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた岡山一宮(岡山市北区)に15日、主催者の日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     岡山一宮は県内有数の進学校として部活動と学業を両立しながら、今秋の県大会で16強入りを果たしたことなどが評価された。

     安達一正・毎日新聞岡山支局長から表彰状を受け取った赤木隆校長(59)は「目標を設定して、試行錯誤しながら練習に取り組む姿勢は、他の部にも広めてほしい。応援してくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れず、なお一層精進してほしい」と激励した。同席した逸見佳宏主将(2年)は「夏から秋にかけてやってきたことを認めてもらえてうれしい。これからもチーム一丸となって練習に取り組みたい」と意気込んだ。

     21世紀枠は12月13日に全国9地区の候補校が発表され、センバツに出場する3校は来年1月24日の選考委員会で決まる。【松室花実】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト