メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「伸びる直球」「切れる変化球」数値化 球質測定で投手強化 高校球児60人、練習に活用へ 秋田 /秋田

神事努准教授(奥右)らが見守る中、球質測定に臨むバッテリー=秋田市で

 高校生投手の投球を科学的に測る球質測定が16、17の両日、秋田市の秋田中央高で行われている。プロ野球・日本ハムの吉田輝星投手らも以前参加した県の取り組みで、球児たちは真剣な表情で日ごろの成果を発揮した。

 球質測定は県教育委員会が主催。国学院大の神事努准教授(生体力学)を招き、2011年から続いている。専用の機材を…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです