メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健大高崎が初めての決勝へ 白樺学園との初出場対決に競り勝つ 明治神宮大会

【健大高崎-白樺学園】七回表健大高崎2死三塁、勝ち越しの左前適時打を放つ山畑=神宮球場で2019年11月18日、滝川大貴撮影

[PR]

 第50回記念明治神宮野球大会は18日、東京・神宮球場で高校の部の準決勝が行われ、健大高崎(関東・群馬)が白樺学園(北海道)との初出場対決を3―2で制し、決勝進出を果たした。

【健大高崎-白樺学園】力投する健大高崎の先発・下=神宮球場で2019年11月18日、滝川大貴撮影

 健大高崎は四回、木川の右越え2ランで先制。その後、追いつかれたが、七回に山畑の適時打で勝ち越した。エース左腕・下が2失点完投した。

山畑の決勝打、執念感じた

 健大高崎・青柳博文監督 山畑の決勝打には執念を感じたし、集中していた。先発の下は155球を投げたが力強く、降板させるつもりはなかった。チーム全体が力を発揮できている。

1、2番が機能しなかった

 白樺学園・戸出直樹監督 終盤にチャンスがきたが、打てなかった。1、2番が機能しなかった。下君は勝負どころでもしっかり腕を振って投げられるのがすごい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです