メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠推薦校 駿台甲府を表彰 /山梨

県高野連からセンバツ21世紀枠推薦校に選ばれた駿台甲府高校野球部=甲府市で
県高野連の高野修会長(左)からセンバツ21世紀枠推薦の表彰状を受ける駿台甲府高校の八田政久校長=甲府市で

 来春の第92回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた駿台甲府高の表彰式が18日、甲府市で行われた。県高野連の高野修会長が八田政久校長に表彰状を手渡した。

     同校は今年の秋季関東地区高校野球県大会決勝で、山梨学院に敗れたものの延長十回を戦い、実力を示した。 式で高野会長は「学業と部活に取り組み、今年の県大会は春と秋が準優勝、夏は8強の成績を残した。練習に創意工夫を凝らし、今後も向上を目指してください」と激励。八田校長は「野球と学業の両面で模範になるよう努力している。普段の生活のあり方が試合にも出る。チャンスをいただいたことに応えたい」と述べた。

     樋口礼乙(あやと)主将は式の開会前、「とても光栄なこと。周囲から注目されるので、21世紀枠に推薦された学校にふさわしい行動を心掛けたい」と話した。

     21世紀枠は、困難な条件の克服や、学業と野球の両立、長年あと一歩で甲子園出場の機会に恵まれていないなどの条件の下、各都道府県で秋の大会で原則16強以上の成績を残した高校から1校ずつ選ばれる。今後、全国9地区で1校ずつに絞られ、センバツにはこの中から3校が出場する。【去石信一】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

    2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

    3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

    5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです