メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名門復活、中京大中京 強打に加え守りにも隙なく必然の初優勝 明治神宮野球大会

【健大高崎-中京大中京】三回裏中京大中京2死二塁、中山が右中間適時三塁打を放つ=神宮球場で2019年11月20日、玉城達郎撮影

 第50回記念明治神宮野球大会最終日は20日、東京・神宮球場で高校の部決勝が行われ、中京大中京(東海・愛知)が初出場の健大高崎(関東・群馬)を降し、3回目の出場で初優勝した。この結果、来春の第92回選抜高校野球大会の神宮大会枠(1枠)は東海地区が獲得。東海の出場枠は2から3に増えた。

 144キロの直球が外れると、中京大中京の右腕・高橋宏斗(2年)は靴ひもを結び直した。1点リードの六回2死二塁でカウント2―2。打席には、ここまで2打点の健大高崎の戸丸秦吾(2年)を迎えていた。「投げるリズムを変えようと思った」。一呼吸置いた直後、6球目の変化球で遊ゴロに仕留めた。つけいる隙(すき)を与…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです