メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ「21世紀枠」県推薦校 伊勢崎清明に表彰状 /群馬

県高野連の二渡会長から表彰状を受け取る長瀬主将(左)=群馬県伊勢崎市の伊勢崎清明高校で

 来春の第92回選抜高校野球大会(センバツ)の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた県立伊勢崎清明高校(伊勢崎市今泉町2)に25日、日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     表彰式で県高野連の二渡諭司会長が、硬式野球部の長瀬晴人主将(2年)に表彰状を授与し、「県加盟校の模範となるよう練習に励み、春に一回り大きくなってほしい」と激励した。

     斉藤宏之監督は「推薦を誇りに思う。地域に愛され、全ての人に応援してもらえるよう精進したい」、長瀬主将は「推薦は自分たちの実力や行動だけでなく、先輩方の実績や支援してくれた方々のおかげだ。周りから応援されるように頑張っていく」と述べた。

     県高野連は同校の選出理由として、過去3年間の県大会でベスト8以上に5回進出した点や、文武両道に力を入れている点を挙げている。

     21世紀枠は12月13日に全国9地区の9校に絞られ、来年1月24日に同枠のセンバツ出場3校が選ばれる。【妹尾直道】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト