メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生、熱く挑め センバツ21世紀枠県推薦、油木に表彰状 /広島

山田剛司・県高野連会長から表彰状を受け取る油木の山村奏大主将(中央)=神石高原町の油木高校で、堀雅充撮影

 来春の第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)の21世紀枠候補校に推薦された県立油木(神石高原町油木乙、吉川正貴校長)に25日、日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     少子高齢化に伴う部員不足で2年前の秋には単独で公式戦出場ができない逆境に直面しながら、地域の支援を受けて部員を増やし、秋季県大会で16強入りする成果を上げた点が評価された。推薦は初めて。

     県高野連の山田剛司会長は「自信を持ってさらにいいチームを作り、これが油木の野球だというものを見せてほしい」と激励。表彰状を受けた山村奏大主将(2年)は「地域、後援会、保護者の方々の支えで選ばれて光栄です。自覚を持って生徒のお手本になれるよう行動していきたい」と表情を引き締めた。

     21世紀枠は12月13日に中国地区の候補校1校が発表され、来年1月24日の選考委員会で出場する3校が決まる。【堀雅充】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト