メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠・県推薦校、宗像高を表彰 /福岡

センバツ21世紀枠の県推薦校の表彰を受けた宗像高野球部

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の21世紀枠県推薦校に選ばれた宗像高の表彰式が25日、宗像市の同校であった。

     宗像高は創立100年を迎えた県内有数の進学校。県大会でベスト4まで進み、優勝した福岡第一に5―6で惜敗した。この戦績をはじめ、学業との両立、近隣の高校と協力して開く野球教室などの活動が評価され、初の県推薦校に選ばれた。

     式では土田秀夫・県高野連会長が「粘り強い試合で応援に来ていた中高生に先輩として勇姿を見せてくれた。100周年に学校全体で勝ち取った栄誉で敬意を表します」と評価した。表彰状を受けた日野翔太主将(2年)は「甲子園出場校に選ばれれば、誇りを持って感動を与えられるプレーをしたい」と力強く決意を述べた。

     12月13日、九州・沖縄の推薦校8校から九州地区の21世紀枠候補校1校が選ばれ、来年1月24日の選考委員会で全国9地区の候補校から選抜出場3校が選出される。大会は3月19日に開幕する。【前田敏郎】

    〔福岡都市圏版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト