メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東奥義塾に表彰状 選抜「21世紀枠」の県推薦校 /青森

表彰状を受け取る東奥義塾の小田桐裕也主将(左)=青森県弘前市石川の同校で

 来春の第92回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の「21世紀枠」の県推薦校に選ばれた東奥義塾(弘前市)に26日、日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     同校での表彰式には、県高野連の赤井茂樹会長や毎日新聞青森支局の遠山和彦支局長らが出席。赤井会長は同校の秋季東北大会での活躍をたたえ、「今後も皆さんの活躍に期待しています。更に精進してください」とエールを送った。遠山支局長も「受賞をきっかけに、更に研さんを積んでください」と話した。

     表彰状を受け取った小田桐裕也主将(2年)は「これからも文武両道を心掛けて、日々精進していきたい」と力を込めた。

     同校は今年の秋季東北大会で62年ぶりに8強入りを果たした。勉強面でも力を入れ、野球部独自で勉強会を実施するなど文武両道の姿勢が評価された。

     工藤秀樹監督(41)は「うれしさと同時に身が引き締まる思い。今後は球数制限を見据えて、投手育成にも力を入れるなど精進していきたい」と話した。

     21世紀枠は12月13日に全国9地区で各1校候補校が発表され、来年1月24日に、3校が選出される。【平家勇大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト