メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠 県推薦の北越を表彰 レベルアップに意欲 /新潟

県高野連の富樫信浩会長(左)から表彰状を受け取る、北越の阿部柚士郎主将=新潟市中央区米山5の北越高校で

 来春の第92回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)で21世紀枠の県推薦校に選出された北越高校の表彰式が28日、同校であった。

     阿部柚士郎主将(2年)が県高野連の富樫信浩会長から表彰状を受け取った。阿部主将は「こういった形で県代表になることはなかなか無いと思うのでうれしい」と喜びを語り、小島清監督は春に向けて「チームとしても個人としてもベースアップできる練習をしていきたい」と話した。

     北越は1936年創立、49年野球部創部の伝統校。春夏を通じて甲子園出場はないものの、近年の県大会ではほとんどの大会で8強以上に進出するなど、練習場所が狭小な校庭に限られる中で安定した成績を残していることなどが評価された。

     21世紀枠は来月13日に北信越地区の候補校1校が選出され、来年1月24日にある選考委員会で全国9地区から甲子園出場の代表校3校が選ばれる。【露木陽介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト