メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

球数「週500球以内」決定 来春センバツから

 日本高校野球連盟は29日、大阪市内で理事会を開き、1人の投手が1週間に投げられる球数を500球以内に制限する球数制限の導入などを決めた。日本高野連が設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」の答申を受けたもので、日本高野連や都道府県高野連の主催大会を対象とし、来春の第92回選抜大会や春季大会から実施する。

     500球に到達した時の打者が終わるまで投げられるが、それ以降は投手交代をしなければならない。大会日程は原則として3連戦をなくすことも決めた。3年間は罰則のない試行期間とする。

     球数制限導入に伴い、監督が敬遠する意思を伝えれば投球せずに四球になる申告故意四球の採用も決定。日本高野連の八田英二会長は「球児の健康を考えれば、スピード感を持って取り組むべきだと思った」と説明した。【安田光高】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

    3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

    4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

    5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです