メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ「21世紀枠」関東・東京地区 候補校の宇都宮表彰 /栃木

毎日新聞宇都宮支局の上鵜瀬浄支局長(左)から表彰状を受け取る藤田壮大主将=宇都宮市滝の原3の宇都宮高で

 来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の「21世紀枠」の関東・東京地区候補校に選ばれた宇都宮高校(村山二郎校長)で24日、表彰式が行われ、選手に賞状や盾が贈られた。

 同校の体育館で行われた表彰式で毎日新聞宇都宮支局の上鵜瀬浄支局長が選手に表彰状と表彰盾を贈ると、生徒や教職員らが大きな拍手で祝福。県高野連の藤田光明理事長は「県内トップの進学実績を誇り、高いレベルの文武両道を実践している学校として推薦された」と述べた。

 県内の高校が地区候補校に選出されたのは、第89回大会の石橋以来で5回目。村山校長は「野球だけでなく普段の生活態度も立派。真摯(しんし)に野球や勉強に取り組んでいる姿が評価されたと思っており、選出は非常に光栄」と話した。

 野球部の森田泰典部長は「今は選手として実績のあるOBに臨時コーチとして指導してもらっている。選手に全国レベルの力量を体感してもらい、さらなる強化を図りたい」と気を引き締めた。

 21世紀枠は宇都宮を含む全国9地区の候補校から、来年1月24日に大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれる選考委員会で3校が選ばれる。【玉井滉大】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト