メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「高専初の甲子園出場を」近大高専 第92回選抜高校野球 21世紀枠推薦理由説明

近大高専では2年生部員がノックを受ける後方で、1年生部員がダッシュに取り組む=三重県名張市の近大高専で2019年12月20日、鈴木英世撮影

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で始まった。同日午後に21世紀枠3校を含む出場32校が決定する。

 午前9時から21世紀枠候補9校の推薦理由説明会が行われた。東海地区候補校の近大高専(三重)について、鵜飼治・三重県高校野球連盟専務理事は「即戦力の工業人になるため、選手たちは実験・実習などで多忙な学生生活の中、小グループでトレーニングするなど短い時間で効率よく練習をしている」と紹介。全国57校の高専の代表として高専初の甲子園出場を訴えた。

サイトで動画中継

 午後3時から行われる出場校発表の模様は、公式サイト「センバツLIVE!」でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。大会期間中は、全31試合の中継もあります。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト