メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤学園、初のセンバツ切符 一戦必勝、接戦で勝負強さ 第92回選抜高校野球

センバツ出場が決まり帽子を投げて喜ぶ加藤学園の選手たち=静岡県沼津市で2020年1月24日午後3時39分、宮間俊樹撮影

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、特別協力・阪神甲子園球場)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞社大阪本社で開かれ、加藤学園高校(静岡)が東海地区代表として選ばれた。加藤学園の甲子園出場は春夏通じて初めて。持ち味の粘りの野球で、全国の舞台での躍進を目指す。組み合わせ抽選会は3月13日にあり、大会は阪神甲子園球場で同19日に開幕する。【池田由莉矢】

 秋季東海大会は準決勝で敗れたが、明治神宮大会で中京大中京(愛知)が優勝して東海地区の出場枠が一つ増えて3枠となり、センバツの切符をつかんだ。県、東海地区大会8試合のうち1点差で勝利した試合が4試合と、接戦をものにする中でチーム力を伸ばしてきた。

 1年秋からエースを務める右腕の肥沼竣投手(2年)がチームの柱。県、東海大会の全試合を完投し、秋季通算の防御率は2・16と安定感がある。県岐阜商(岐阜)との東海大会準決勝は、延長十回にサヨナラ負けを喫したが、全国レベルの打線を4点に抑える力投を見せた。樋口巧(1年)、岩間昂生(同)の両投手の成長にも期待がかかる。

 打線は前チームでもレギュラーだった杉山尊(2年)、大村善将(同)の両選手が軸。杉山選手は昨秋の打率が3割9分とチーム最高。大村選手は県大会準決勝で逆転の3点本塁打を放つなど、秋季通算4本塁打と長打力が魅力。植田颯斗選手(1年)は東海大会準決勝で2点本塁打を放つなど勝負強い。

 米山学監督は「正確に状況を判断しながら、失敗を恐れず、思い切って戦う」と意気込む。甲子園に集う全国の強豪に一戦必勝で立ち向かう。

加藤学園の選手たち=静岡県沼津市足高の東芝機械グラウンドで2020年1月6日、池田由莉矢撮影

「カトガク」校訓は「至誠」

 加藤学園高校は沼津市大岡にある私立校。学科は全日制の普通科のみで、特進部、進学部、総合学部に分かれる。生徒数は特進部、進学部、総合学部の計1370人。「カトガク」の愛称で地域に親しまれている。

 1926年創設の沼津淑徳女学院が沼津女子高校などに名称を変え、77年から現校名。校訓は「至誠」で、誠実で品位ある人間づくりを目指す。

 野球部は96年創部。現在の部員は37人で、OBに西武の高橋朋己選手ら。陸上部やサッカー部などが全国大会の出場経験を持つ。卒業生に、青山学院大時代に2016年から3年連続で箱根駅伝8区の区間賞を獲得した下田裕太選手(GMOアスリーツ)。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト