メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪桐蔭2年ぶり春到来 強豪の意地、競い合い投打に力 第92回選抜高校野球

帽子を飛ばして出場を喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=大阪府大東市で2020年1月24日午後3時35分、大西達也撮影

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、大阪桐蔭(今田悟校長)が選ばれた。2年ぶり11回目の出場となる。2019年秋の近畿地区大会で準優勝だった。組み合わせ抽選会は3月13日。大会は同19日から、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれる。【荻野公一】

 「3季連続甲子園を逃すことは許されない」。西谷浩一監督はそう力を込めた。常勝であり続けたい「日本一の意地」がある。選手や監督は自らにプレッシャーを掛けてセンバツの切符をつかんだ。

 18年は甲子園で春夏連覇を果たしたが、19年は一転して出場すらできなかった。「明暗」を知る世代の藪井駿之裕(しゅんのすけ)主将(2年)は「1年の時に憧れたチームを目標に、2年の時のような悔しい思いをしたくない」と日々の生活や練習と向き合った。

 「状態がいい選手が試合に出る」。西谷監督に打線を固定する考えはない。その中で苦しい展開での一打に期待がかかる西野力矢選手(同)や、1年生ながら物おじせず1番打者の適性がある池田陵真選手、昨秋の近畿大会はけがで出場できなかったが打撃力を備えた捕手の吉安遼哉選手(2年)ら粒ぞろい。

 主戦は藤江星河投手(同)。球の切れと制球、テンポの良さが特徴だ。タイプの異なる投手が控えるが、日本一になるには2人目以降の台頭が鍵を握る。昨秋の近畿大会では決勝で敗れた。「考える力」「対応力」「継続力」をテーマに覇権を奪い返す。

2度の春夏連覇

 1983年に大阪産業大高大東校舎として開校された私立校。88年に大阪桐蔭として分離・独立した。建学の精神は「偉大なる平凡人たれ」。進路に応じて1、2、3類に分かれてカリキュラムが組まれ、スポーツを通した教育と難関大への進学との両面に力を入れている。野球や吹奏楽などの体育・芸術系の生徒は3類に在籍する。

 甲子園初出場は91年のセンバツで、史上初となる2度の春夏連覇を含めて春3回、夏5回の優勝を誇る。中村剛也選手(西武)や森友哉選手(同)らプロ野球選手を多数輩出。ラグビー部や吹奏楽部など、全国大会で活躍するクラブが多い。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト