メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商、2年連続出場 地区大会では「負けてなお強し」 悲願の初Vへ 第92回選抜高校野球

センバツ出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ明石商の選手たち=兵庫県明石市で2020年1月24日午後4時11分、梅田麻衣子撮影

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、明石商(兵庫)=楠田俊夫校長=の2年連続3回目の出場が決まった。2019年は春夏ともに甲子園ベスト4。強豪に成長した「公立の雄」は、4季連続となる甲子園で初の頂点を狙う。組み合わせ抽選会は3月13日。大会は同19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【韓光勲、黒詰拓也、望月靖祥】

 中森俊介投手(2年)、主将の来田涼斗外野手(2年)という全国トップクラスの中心選手を擁し、投打に高いレベルを誇る。

 19年秋の県大会は決勝で報徳学園に敗れたが、堂々の準優勝。続く近畿大会は準々決勝で大阪桐蔭に3―4で惜敗してベスト8に終わったが、準優勝校を相手に互角の戦いを繰り広げ、「負けてなお強し」と印象づけた。

 エースの中森投手は181センチの長身から投げ下ろす本格派右腕。1年時の夏の甲子園で球速145キロを出して注目を浴び、昨夏の甲子園では151キロを記録した。立ち上がりの制球の乱れを克服できるかどうか。2番手右腕の中野憂翔投手(2年)は切れのいい変化球で勝負する。

 打線は来田主将や植本拓哉内野手(2年)、福本綺羅(ひかる)外野手(1年)ら長打力のある打者がそろい、機動力もある。中でも来田主将は昨年のセンバツで2本塁打、甲子園通算3本塁打を放っており、今大会はPL学園・清原和博、上宮・元木大介両選手のセンバツ個人通算最多本塁打記録(4本)を目指す。

 近畿大会の敗戦後、狭間善徳監督は「びくともしないチームを作って、リベンジしたい」と力強く語った。目指すは紫紺の大優勝旗のみだ。

センバツ出場が決まり、喜ぶ明石商の選手たち=兵庫県明石市で2020年1月24日午後3時42分、梅田麻衣子撮影

卒業生に西武の松本航投手、車いすテニスの上地結衣選手ら

 1953年に開校した明石市唯一の市立高校。国際会計科と商業科に計約840人が学ぶ全日制の男女共学校で、商業科には体育に力を入れる「スポーツ科学コース」も置かれている。

 野球部は開校と同時に創部。近年の躍進は目覚ましく、センバツは初出場の2016年に8強、19年に4強入り。夏の甲子園は18年に初出場し、19年は4強まで勝ち上がった。部活動は、計算事務などの文化部も活躍している。

 主な卒業生に西武の松本航投手、車いすテニスの上地結衣選手ら。昨年春、夏に甲子園を沸かせた水上桂捕手(3年)は、19年秋のドラフトで楽天に7位指名された。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト