メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天理に5年ぶり春切符 智弁学園に大敗し奮起、近畿王者に 第92回選抜高校野球

出場を決め、喜ぶ天理の選手たち=奈良県天理市で2020年1月24日午後3時56分、川平愛撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、天理(奈良)の5年ぶり24回目の出場が決まった。爆発力のある打線を武器に、選手たちの活躍に期待が集まる。組み合わせ抽選会は3月13日にある。【小宅洋介】

 2019年の秋季県大会では、準決勝でライバルの智弁学園に大敗し、3位に甘んじた。しかし近畿大会では一試合ごとに目覚ましい成長を見せ、決勝では大阪桐蔭を12―4で降して、近畿の王者となった。中村良二監督は「同じ事を繰り返せと言われても、無理な試合ばかりだった」と話す。続く明治神宮大会では11年ぶりに4強入りを果たした。

 打撃の柱は1番・下林源太主将(2年)。公式戦12試合で5本塁打を放ち、打率は5割を超える。2番・山元太陽選手(同)や、6番・河村拓民選手(同)も4割を超える打率を誇る。さらに、1年生・瀬千皓選手が明治神宮大会2回戦で5打点の活躍を見せるなど、攻撃の層は厚い。公式戦12試合のチーム打率は3割7分6厘で、センバツでも打撃力に期待がかかる。

 投手陣は、エースの庭野夢叶投手(2年)と、左腕・吉岡大誓投手(同)の2枚が中心。庭野投手は、近畿大会と明治神宮大会で計4試合完投し、防御率は2・51と粘り強い。その他にも、右のサイドスロー・嶋田優心投手(同)や、多彩な変化球を投げる福重翔三投手(同)、近畿大会決勝で好投した192センチの長身、達孝太投手(1年)などを相手チームに応じて使い分ける。

OBに元南海・門田博光さんら

 天理教校として1900年に設立。08年に旧制天理中が創立され、48年に学制改革で現校名になった。男女共学で全日制と定時制があり、カリキュラムに天理教の教義を組み込む。

 野球部は01年の創設。センバツは54年に初出場し、97年に初優勝を果たした。OBにプロ野球・元南海の門田博光さん、ロッテ・中村奨吾選手、ヤクルト・西浦直亨選手、オリックス・太田椋選手ら。ラグビー部は、全国高校ラグビーフットボール大会で優勝6回の強豪。柔道部やホッケー部も全国トップレベル。

 校章は、天理教団の紋章「梅の花」に、高等学校の「高」の字を配している。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト