メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉敷商8年ぶり春便り 中国大会で初頂点 燃える闘志、4強目標 第92回選抜高校野球

センバツ出場が決まり、喜ぶ倉敷商の選手たち=岡山県倉敷市で2020年1月24日午後4時15分、小松雄介撮影

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、2019年秋の中国大会を制した倉敷商(岡山)の8年ぶり4回目の出場が決まった。夏は8強が2度あるが、春は未勝利。組み合わせ抽選会は3月13日に行われる。【松室花実】

 19年7月の岡山大会決勝で敗れた後、梶山和洋監督(32)が就任。失意が残る中、新監督は「夏の甲子園優勝を果たすには、センバツで4強入りしなければならない」と説き続けてきた。

 犠打を絡めた手堅い攻撃が伝統だが、昨秋は強攻策を多用して公式戦はチーム計5本塁打。中国大会は準々決勝から3試合連続2桁安打を放ち、延長戦を2度制するなど勝負強さも発揮して初の頂点に立った。

 投手陣は多彩な変化球で打たせて取る右腕・福家悠太投手(2年)から、切れ味鋭いスライダーが武器の左腕・永野司投手(1年)につなぐパターン。打線はチームトップの打率をマークした原田将多主将(2年)がけん引し、3番・福家選手、4番・福島大輝選手(同)に加え、7番・浅野大器選手(同)の長打力も光る。

 梶山監督は「中国大会はやりたい野球を半分もできなかった。もっとできると思う」とさらなる成長を期待する。その思いは選手も同じだ。原田主将は「目標を達成するためには、日本一の練習をしなければならない」と闘志を燃やしている。

OBに故・星野仙一さんら

 1912(明治45)年、倉敷町立倉敷商業学校として創立した県立高。47年に倉敷女子商業学校と合併し、翌年、倉敷商業高校となった。商業科、国際経済科、情報処理科の3学科があり、校訓は「至誠剛健」。地域のビジネスリーダー育成を目指し、生徒の自己実現とともに、周囲との共生を図る教育に取り組む。

 野球部は31年の創部。夏の甲子園は10回出場し、89年、2012年に8強。プロ野球・中日で活躍し、中日、阪神、楽天で監督を務めた故・星野仙一さん(65年卒)、元ヤクルトの松岡弘さん(66年卒)らを輩出した。 生徒数956人。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト