メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明徳義塾2年ぶり切符 春初優勝目指し余念なし 第92回選抜高校野球

センバツ出場が決まり、喜ぶ明徳義塾の選手たち=高知県須崎市の同校グラウンドで2020年1月24日午後4時5分、猪飼健史撮影

 阪神甲子園球場で3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が24日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、明徳義塾(高知)の2年ぶり19回目の出場が決まった。2019年秋季四国地区大会優勝などの成績が評価された。攻守で四国勢を圧倒した実力を全国の舞台でも発揮し、初のセンバツ優勝を目指す。組み合わせ抽選会は3月13日。【北村栞】

 19年秋の四国地区大会では、県大会で3位に甘んじた悔しさが爆発。全4試合とも7点以上の大差をつけるとともに、相手の反撃をほとんど許さずに頂点に輝いた。明治神宮大会では19年夏の甲子園準優勝校・星稜(石川)に勝利。体作りにも積極的に取り組み、センバツ優勝に向け余念がない。

 主戦は昨夏の甲子園でも登板した左腕・新地智也投手(2年)。抜群の制球力を誇り、四国大会では全試合とも無四死球で完投した。畑中仁太投手(1年)と代木大和投手(同)はいずれも身長180センチを超え、高い位置からの力強いボールが武器。米崎薫暉(くんが)選手(同)ら野手陣も伝統の堅守で支える。

 攻撃面では、昨秋の公式戦で打率が4割を超え、盗塁数でもチームトップの奥野翔琉(かける)選手(2年)がチャンスメーカー。巧打者が多く、粘り強く打線をつなげていく。犠打を有効に使いながら着実に得点するのが基本だが、鈴木大照主将(同)ら中軸には長打力があり、ビッグイニングも作れる。

 「先のことを考えず、1試合1試合集中して優勝したい」と鈴木主将。大紫紺旗を母校に持ち帰るイメージは、できている。

◇国際交流にも注力

 1976年開校の私立校。男女共学の中高一貫校で高知県須崎市に本校堂ノ浦キャンパス、同県土佐市に竜キャンパスがある。「徳・体・知」三位一体の人格育成を掲げ、教職員が学園内で生徒とともに生活する「師弟同行の教育」を特色とする。また、海外の学校と姉妹校提携を結び、国際交流にも力を入れている。

 野球部は開校と同時に創部され、今回で春19回、夏20回の甲子園出場となる全国屈指の強豪校。2002年夏に全国制覇し、春の最高成績は83年、04年のベスト4。DeNAの伊藤光捕手、オリックスの西浦颯大選手ら数多くのプロ野球選手を輩出している。

◇全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。デジタル紙面では出場決定号外も無料で配信します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト