メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白樺学園に吉報 帯広農、喜び爆発(その1) 初出場、最善の準備する /北海道

センバツ出場を決め、帽子を投げ上げて喜ぶ白樺学園の選手たち=北海道芽室町で、竹内幹撮影

 <センバツ高校野球>

     24日に開かれた第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会で2019年秋の全道大会を初めて制した白樺学園(芽室町)と、21世紀枠の道地区候補校の帯広農(帯広市)がそれぞれ初出場を決めた。待ちに待った吉報に両校の選手たちは喜びを爆発させ、夢舞台での活躍を誓った。道勢の2校出場は2年連続の快挙。大会は3月19日、阪神甲子園球場で開幕。対戦校は同13日に決まる。【三沢邦彦、高橋由衣、鈴木斉】

     午後3時すぎ、緊張した面持ちの嶋野幸也校長がセンバツ出場の電話連絡に「北海道代表として恥ずかしくない試合ができるよう選手たちに伝えます」と返答。野球部員に出場決定を伝えると、選手たちは戸出直樹監督を胴上げしたり、帽子を投げたりして喜びを分かち合った。

     業天汰成(ぎょうてんたいせい)主将(2年)は「一安心したが、今までと何も変わらず、最善の準備をしていきたい」と気を引き締めた。

     エース・片山楽生(らいく)投手(同)は、秋季全道大会から神宮大会まで全試合に登板。球に力が伝わるようフォームを改善して直球に磨きをかけ、「打者に向かっていく気持ちで投げたい」と意気込む。

     1番打者として打線を引っ張る川波瑛平(ようへい)選手(同)は「自分の強みはどんな球でも対応して長打が打てること。甲子園では1本でも多く打ちたい」と活躍を誓った。

     同校は夏に3度出場しているが、戸出監督は「甲子園への切符を大切に、野球以外のところでも全力で取り組みたい」と気を引き締めていた。

    両校、強打持ち味

     2019年秋の全道大会で初優勝した白樺学園。1、2年生の選手で臨む秋の大会は未完成なチームが多いが、その中でも攻守にバランスが取れており、十勝勢としても初めて秋の頂点に立った。

     全道大会では4試合中3試合で2桁安打を放ち、チーム打率4割3厘を記録し、伝統の強力打線が健在。

     投手陣はエースの片山楽生(らいく)投手(2年)と、2番手で横手投げの坂本武紗士(むさし)投手(2年)の両右腕が好投。堅い守備とともに堅実な試合運びができるのが強みだ。

     明治神宮大会では準決勝で敗れたが、2戦連続で1点差の接戦を経験。全国のレベルを肌で感じ、春の糧にできるのは心強い。

     帯広農は秋の全道大会で創部以来初の4強入り。十勝地区から全道大会の準々決勝まで6試合連続で2桁安打をマークした強打が持ち味。道内から21世紀枠校選出は13年の遠軽以来。道勢21世紀枠として7年ぶりの1勝が期待される。【三沢邦彦】


    「公徳実践」校訓に 白樺学園

     1958年創立の私立校で、野球部も同時に創部した。「公徳実践」を校訓に掲げ、社会の変化に対応するための能力と強い心身を備えた生徒の育成を目指している。スピードスケートやアイスホッケー、男子バレーボールなども全国大会の常連。OBには1998年長野冬季五輪スピードスケート500メートル金メダリストの清水宏保氏ら。


    2019年秋の白樺学園公式戦結果

     <十勝地区Bブロック>

    2回戦 7―5 江陵

    3回戦 6―0 帯広柏葉

    決定戦 3―2 帯広三条

     <全道大会>

    2回戦 13―8 旭川実

    3回戦  4―0 東海大札幌

    準決勝 13―3 札幌龍谷

    決勝  12―8 札幌日大

     <明治神宮大会>

    2回戦 4-3 国士舘

    準決勝 2-3 健大高崎

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト