メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばれ平高

センバツ2020 自分の力出し切って 一畑電車営業課、黒川好美さん /島根

一畑電車営業課、黒川好美さん(46)=出雲市大塚町

 2019年11月、平田高の課外授業の一環として、生徒5人に乗客への車内アナウンスをしてもらいました。野球部の井口恭太選手(2年)が「(平田町の)宇美神社で縁切りをしてから出雲大社に行くと、ご縁が生まれやすいですよ」と地元を熱心にPRした姿に好感を抱きました。

     雲州平田駅は野球部の皆さんにも利用していただいており、応援フラッグへの寄せ書きコーナーの設置などを考えています。甲子園はほんの一握りの高校球児だけが土を踏む特別な舞台。自分の力を精いっぱい出して、楽しんでほしいです。

              ◇

     3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会に21世紀枠で出場する平田。「平高(ひらこう)」の愛称で親しまれる同高の野球部への応援メッセージを紹介する。=随時掲載


     ◆平田高への応援メッセージを募集します

     200字前後にまとめ、〒690-0887松江市殿町111松江センチュリービル6階、毎日新聞松江支局「がんばれ平高」係へ。メールはmatsue@mainichi.co.jp。住所、氏名、年齢(生年月日)、職業、電話番号を明記し、顔写真を添えてください。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト