メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いざ令和の春

センバツ鳥取城北 戦力分析/下 打線支える走塁 守備も徹底練習で失策激減 /鳥取

守備練習に励む鳥取城北の選手ら=鳥取市の部専用グラウンドで、小坂春乃撮影

 ⚾守備力

     打のチームを自負する鳥取城北は半面、守備に課題が残る。公式戦のチーム失策数は計11で、2019年秋の中国地区大会で対戦した創志学園の5、倉敷商(いずれも岡山)の8と比べても突出している。実際に秋季県高校野球大会では準決勝、決勝とも失策から点を奪われたり、進塁を許したりした。

     中国大会直前まで、走者を塁に置いた試合形式の練習に時間を割き、個々の守備を磨いた。その結果、県大会では1試合平均1・75個だった失策が、中国大会では同1個と激減した。

     センターラインの一角を占める遊撃の藤元和虎選手(2年)は「キャッチボールから腕の位置や肩の開き方の修正を心がけてきた」。同じく二塁の構(かまえ)優斗選手(同)も「自主練習で藤元とそれぞれの位置を確認した。どうすればダブルアウトを増やせるか考えた」と連係プレー強化に余念がない。

     ⚾走力

     一方の走力。チーム総盗塁数は26。中国大会覇者の倉敷商18、センバツに出場する広島新庄(広島)22を上回っている。比べる試合数が異なるため単純比較はできないが、強気の打線を支える武器になっている。リードの距離を4メートルと広めに取り、選手自身が走り出すタイミングを決めているのがポイントだ。

     「足の速さは抜きんでている」と山木博之監督(44)が太鼓判を押す石原夢也(ゆうや)外野手(2年)は50メートル5・8秒の俊足を生かし、公式8戦で5盗塁。9番を打つことが多く「とにかく出塁して上位打線に回し、還ってくるのが仕事」と責任感も強い。この他、藤元内野手が6盗、河西威飛(いぶき)外野手(同)が5盗と上位陣も積極的に足を使っている。=この項は小坂春乃が担当しました。


    鳥取城北の走塁データ

     名前    盗塁数 50メートル走タイム(秒)

    (1)畑中未来翔 4   6.2

    (2)藤元和虎  6   6.0

    (3)河西威飛  5   6.4

    (4)吉田貫汰  1   6.6

    (5)安保龍人  0   6.7

    (6)構優斗   1   6.2

    (7)名田裕一郎 0   6.5

    (8)阪上陸   2   6.2

    (9)石原夢也  5   5.8

    =丸囲み数字は主な打順、

     盗塁数は公式戦のみ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト