メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の春に

20センバツ・倉敷商 部員紹介/6 笹野太陽内野手/大山洸司捕手 /岡山

 ◆打倒自分を誓う 笹野太陽内野手(2年)

    笹野太陽選手(2年)=松室花実撮影

    自分のアピールポイントは? 優男

     おっとりとした口調で、チームの雰囲気を和らげる。周囲を癒やすキャラクターの持ち主だ。

     毎朝の練習でひたすらノックを受けて守備を磨き、昨秋の中国大会からベンチ入りを果たした。おかげで自信がつき、今は「内野ならどこでも守れる」と強みを語る。

     毎日の登下校を共にする角南堅太郎選手(2年)は親友。「お前は倉商の太陽になれ」。中国大会前、メンバー入りできなかった角南選手から渡された手紙に書かれたこの言葉を胸に、「角南の分もがんばろう」と試合に臨んできた。

     「打倒自分」を心に誓って迎えるセンバツの舞台。「まだまだこれから。守備をもっと磨いて、ピンチで任される選手になりたい」と力を込める。【松室花実】

    大山洸司選手(1年)=松室花実撮影

     ◆愛されるキャラ 大山洸司捕手(1年)

    自分のアピールポイントは? 生意気

     誰とでもフレンドリーに接することができるチーム一の「愛されキャラ」だ。

     尊敬するのは、同じポジションの田村幸哉捕手(2年)。小学生の頃、少年野球で活躍する姿を見て、「すごいキャッチャーがいる」と憧れていたという。高校入学後、ワンバウンドの投球をうまく止められなかったが、その憧れの先輩が構え方など一から指導してくれた。試合でうまくいかないときも「今は落ち込まず、試合に集中しておけ」と声をかけてくれたといい、「田村さんがいなかったら今の僕はない」と絶大な信頼を寄せる。

     現在は「まずはチャンスをもらえるように」と練習に励む日々だが、「いつか田村さんを超えるくらいの捕手になりたい」と闘志を燃やしている。【松室花実】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト