メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一貫の春

センバツ・広島新庄 センバツ出場の広島新庄 新校舎完成で近く懸垂幕も /広島

新校舎の完成式であいさつする北広島町の箕野博司町長=北広島町で、手呂内朱梨撮影

 北広島町の広島新庄中学・高校で8日、新校舎の完成式があった。高校の硬式野球部は第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)への出場を決めており、甲子園での健闘を祈る懸垂幕を近く掲げる。

     地上2階建ての新校舎は、学園創立110周年記念事業で建設。中学校の普通教室と中高兼用の大教室で構成される。完成式には学校や町など多くの関係者が集い、箕野博司町長は「6年ぶりのセンバツ、クラブ活動の活躍は地域を元気にしてくれた」とあいさつした。【手呂内朱梨】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト