メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初雪が降る中、山道走り込み 県岐阜商ナイン /岐阜

岐阜城を目指し金華山を駆け上る県岐阜商の選手たち=岐阜市北唐戸洞で

 岐阜市で初雪を観測した10日、県岐阜商ナインは同市則武新屋敷の同校から、金華山の山頂の岐阜城まで、往復11・4キロを走り込んだ。

     同日朝、鍛治舎巧監督が「気温が低く、通常練習はけがの恐れがある」と練習メニューの変更を決めた。選手らは走り込みを終えると、同校の室内練習場で3本指の腕立て伏せ100回と腹筋300回をこなした。走り込みでトップの長尾依吹選手(1年)は「足腰はきつかったが体力的には大丈夫だった。気分は良かったです」と話した。【横田伸治】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト